洗面台

洗面台の交換する費用と価格の相場は?

洗面台の交換する費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
60,000円〜300,000円

洗面台の付け替え交換する費用の相場ですが、付け替えの費用には、「洗面台の交換する費用」「洗面台ボウルのみの交換の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



洗面台の交換について

洗面台

洗面台の取り替え交換をする前にまずは、洗面台の種類や寿命、マンションの管理規約についてご覧ください。

洗面台と洗面化粧台の違いは?

洗面台と洗面化粧台は似たような名前だけど何が違うの?と言う方は多いとおもいますが、化粧台と付くだけで意味が変わってきます。

洗面台

洗面台

洗面台は、水が出る蛇口と洗面ボールがあることを意味します。

洗面化粧台

洗面化粧台は、洗面台の機能に付け加え、身だしなみを整えたりする三面鏡がついてたり、化粧収納がついてたり、椅子が備え付けられてたりします。



洗面台ボウルってどんなのがあるの?

洗面台ボウルは、タイプが3種類あります。以下の費用は、写真で写ってる鏡はオプションとなります。費用は別途となります。

ハンキングタイプの洗面台ボウルの本体価格は約6万円〜8万円
カウンタータイプの洗面台ボウルの本体価格は約8万円〜12万円
キャビネットタイプの洗面台ボウルの本体価格は約10万円〜13万円

洗面化粧台には4つの種類がある?

洗面化粧台には、「ユニットタイプ」「システムタイプ」「カウンタータイプ」「ユニバーサルデザインタイプ」の4つがあります。まずは、ユニットタイプからご覧ください。

ユニットタイプ

ユニットタイプは、人気のある据え置き型のタイプです。収納キャビネットと洗面台と現在よくある洗面化粧台です。

システムタイプ

システムタイプは、自分の好みで洗面化粧台の構成を決めれます。洗面所は狭いが収納がしっかりほしいという方に人気な洗面化粧台です。

カウンタータイプ

カウンタータイプは、キャビネットが設置されておらず陶器のみで配管むき出しのシックでオシャレなデザインの洗面化粧台です。

ユニバーサルデザインタイプ

ユニバーサルタイプは、老夫婦、障害者、体格の良い方など関係なく、使いやすく設計された洗面化粧台です。

洗面台の寿命はどのくらい?

洗面台の素材は陶器でできていますが、陶器は劣化がしにくく状態が良ければ何百年も使えたりします。ですが、洗面台には陶器以外に配管、蛇口等があります。トータル的にみて、約5年〜10年と言われています。ですが、メンテナンスをしっかりしていれば10年以上使えることもあります。

洗面台の交換の目的と理由は?

洗面台をどのタイミングで変えたらいいのか迷う方が多いですが、後押しできるように、みなさんが洗面台を買い替えたタイミング理由をまとめてみました。

蛇口から水漏れしたから…
洗面ボウルにヒビが入り割れてしまったから…
型が古くて新しい物に変えたいから…
孫ができ家に来るようになったので、綺麗にしたいから…

タイミングの理由は、案外よくある光景だと思われますが、このタイミングで変えてる人は多いみたいですね。

洗面台の交換の工事の期間はどのくらい?

洗面台の交換する工事の期間には、排水工事、電気工事、取り付け工事で構成されていますが、同サイズの取り付けのみですと約2〜3時間ほどで作業が終わります。ですが、内装工事でクロスも床も一緒に張り替えたい場合は、約7〜8時間は見ておいた方がいいです。それ以外にもバリアフリー化にする床工事などをするとなると約1日〜1日半はみといたほうが良いです。



マンションの洗面台の交換は可能?

マンションの洗面台の交換の管理規約が嚴しい?

マンションの洗面台の交換だけでなく全てのリフォームをする際は、管理規約を確認し管理組合にリフォームをすることを申し出て許可を取らなくてはいけません。それに専有部と共用部がありできないリフォームもあります。

古いマンションの洗面化粧台の交換

古いマンションでは電圧が低い事が多くオール電化にする場合、電圧の工事が必要となりますが、こちらも管理組合で許可が降りない場合、オール電化を諦めるなければなりません。

リフォームするのが難しいのは?

移動のリフォーム

配管を延長したりするのは可能ですが、床下スペースが狭く勾配がつけれないと水が流れていかない為、断念せざる終えない状況となります。ですが、もともとある水回りの近くに少しズラす程度の移動なら設置は可能です。

こちらの別記事に洗面台を移動するリフォームの費用と価格の相場をご紹介してます。

移動したい場合は?

洗面台をどうしても移動したい場合があると思いますが、その場合はリノベーションのスケルトンリフォームをして骨組だけにして1から構造を変える方法があります。そうすれば配管の勾配に縛られずに洗面台を移動することが可能です。

こちらの別記事でもマンションのスケルトンリフォーム費用と価格の相場をご紹介しています。

増設のリフォーム

増設のリフォームも移動と同じで配管の延長をうまく行えるなら可能です。また、もともとある水回りの近くに増設なら設置は容易とされます。

こちらの別記事で洗面台のセカンドの設置取り付けや増設のリフォームする費用と価格の相場をご紹介してます。



洗面台の交換する費用

洗面台と男性

洗面台の交換する費用ですが、約30,000円〜50,000円が相場となります。また、この費用は現在、洗面化粧台のある位置に取り付ける場合の費用です。違う場所に取り付ける場合は、配管の都合上、値段が変わり約30,000円〜50,000円変わってきます。

【参考費用】洗面台の交換する費用:約30,000円〜約50,000円

洗面台のタイプ別の本体価格

ハンキングタイプの洗面台の本体価格は約6万円〜8万円
カウンタータイプの洗面台の本体価格は約8万円〜12万円
キャビネットタイプの洗面台の本体価格は約10万円〜13万円

洗面化粧台のタイプ別の本体価格

洗面化粧台の相場が約30,000円〜500,000円とありますが、この大差をご紹介します。

約3万〜15万円クラス

約30,000円〜100,000円の洗面化粧台は、水とお湯の切り替え水栓、1面鏡、下に観音扉式の収納が1つだけついています。

【参考費用】洗面台の交換費用+価格クラス=約60,000円〜150,000円

約100,000円〜150,000円の洗面台は、上記のものに水栓はシャワーヘッドになり、1〜3面鏡が選択でき、観音扉か引き出しタイプか選べます。

【参考費用】洗面台の交換費用+価格クラス=約130,000円〜200,000円

約15万〜20万円クラス

約150,000円〜200,000円の洗面化粧台は、60・65・75・90の横幅サイズから選べて、2〜3面鏡が選択でき、シャワー水栓、陶器製洗面ボウル、引き出しタイプの収納がついてます。

【参考費用】洗面台の交換費用+価格クラス=約180,000円〜250,000円

約20万円〜クラス

約200,000円〜の洗面化粧台は、上記に加え、90・110とサイズを選べ、洗面ボールは人工大理石の物になります。

【参考費用】洗面台の交換費用+価格クラス=約230,000円〜


洗面台ボウルのみの交換の費用

洗面台ボウルのみの交換の費用では、本体価格に約60,000円〜130,000円となり、交換する費用には約20,000円〜30,000円が相場となります。

【参考費用】洗面台ボウルのみの交換の費用:約80,000円〜160,000円

『全てがわかる!』
洗面所リフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
洗面台・洗面所のリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG