Ⅱ型キッチン

マンションのキッチンの費用と価格の相場は?

マンションのキッチンの費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
500,000円〜2,500,000円

キッチンリフォームの費用のマンションの相場ですが、キッチンにはグレードがあり「シンプル」「スタンダード」「ハイグレード」があり、「マンションのキッチンの交換の費用」「マンションのキッチンの換気扇の交換の費用」「マンションのキッチンの移動の費用」の費用があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



マンションのキッチンのリフォームについて

Ⅱ型キッチン

マンションのキッチンリフォームの管理規約が嚴しい?

マンションのキッチンリフォームだけでなく全てのリフォームをする際は、管理規約を確認し管理組合にリフォームをすることを申し出て許可を取らなくてはいけません。それに専有部と共用部がありできないリフォームもあります。

古いマンションのキッチンリフォーム

古いマンションでは電圧が低い事が多くオール電化にする場合、電圧の工事が必要となりますが、こちらも管理組合で許可が降りない場合、オール電化を諦めるなければなりません。

リフォームするのが難しいのは?

移動のリフォーム

配管を延長したりするのは可能ですが、床下スペースが狭く勾配がつけれないと水が流れていかない為、断念せざる終えない状況となります。ですが、もともとある水回りの近くに少しズラす程度の移動なら設置は可能です。

こちらの別記事にキッチンの場所の移動リフォームする費用と価格の相場をご紹介してます。

移動したい場合は?

キッチンをどうしても移動したい場合があると思いますが、その場合はリノベーションのスケルトンリフォームをして骨組だけにして1から構造を変える方法があります。そうすれば配管の勾配に縛られずにキッチンを移動することが可能です。

こちらの別記事でもマンションのスケルトンリフォーム費用と価格の相場をご紹介しています。

増設のリフォーム

増設のリフォームも移動と同じで配管の延長をうまく行えるなら可能です。また、もともとある水回りの近くに増設なら設置は容易とされます。

こちらの別記事で1階か2階にキッチンの増設・増築リフォームする費用と価格の相場をご紹介してます。

キッチンの寿命の時期は?

キッチンの寿命は約15年〜25年の間と言われています。使い方次第で約25年以上持ちますが、キッチンの設備本体内には、各金属機器がついており部分的にメンテナンスを行わないと約10年程で劣化が見られます。メンテナンス方法として部分的にメンテナンスを行う時期は約5年〜8年の間でパッキンやコマを交換・修理したり、配管は約10年ぐらいを目安に変えます。

こちらの別記事でもキッチンの水漏れ修理する費用と価格の相場をご紹介しています。

賃貸・団地のマンションはリフォームできる?

賃貸や団地のキッチンをリフォームするのは勝手にはできません。するとなれば管理規約に沿って大家さんか管理会社に連絡をとって確認しましょう。



マンションのキッチンのリフォームの費用

タイルの天板

マンションのキッチンのリフォームの費用では、「マンションのキッチンの交換の費用」「マンションのキッチンの換気扇の交換の費用」「マンションのキッチンの移動の費用」があります。まずは、キッチンの本体価格からご紹介します。

マンションのキッチンの本体価格

まずはキッチンの種類やグレードによってリフォームの費用は大きく異なるということを知っておく必要があります。キッチンの種類は大きく、I型、L型、対面型に分類されます。そして、それぞれのグレードによっても費用が異なってきますので、どの種類でどれくらいのグレードだといくらくらいか、について説明していきます。

キッチングレード別の本体価格表

シンプルスタンダードハイグレード
I型キッチン約50万〜80万約60万〜90万約70万〜120万
対面キッチン約65万〜90万約75万〜120万約85万〜130万
L型キッチン約70万〜100万約80万〜130万約90万〜160万


マンションのキッチンの交換の費用

マンションのキッチンの交換の費用では、約220,000円が相場となります。キッチンの交換の費用には組み立てから電気工事、設備工事、大工工事が含まれます。

参考費用:
解体工事費用:約30,000円
撤去処分費用:約70,000円
キッチン取り付け費用:約100,000円
給排水管接続費用:約3,000円
電気配線費用:約5,000円
ガス配管費用:約5,000円
換気ダクト接続費用:約3,000円

合計:約216,000円

キッチンの取り付け業者によって金額が違う

キッチンを取り付けて貰える業者は、「メーカー依頼」「リフォーム会社」があります。それぞれのメリット・デメリットが異なりますのでご紹介します。

メーカー施工依頼
メリットデメリット
商品知識が豊富なスタッフが取り付けるので施工不良の恐れがない価格設定は若干高めとなっている
リフォーム会社施工依頼
メリットデメリット
価格を安く抑えることができる組み立て時にキッチンを破損した場合は、メーカー保証の対象外となる

期間はどのくらい?

・1日目:養生、既存キッチンの解体撤去、新しいキッチンの組み立て
・2日目:新しいキッチンの給排水管接続、清掃

キッチンリフォームの工事期間は、約1週間は余裕を見ておいた方が良いでしょう。キッチンの交換だけであれば、所要日数は約1~2日程度です。

事例でキッチン交換リフォームの費用

例:システムキッチン交換リフォームをしたい事例

システムキッチン価格448,000円
キッチンリフォーム工事費用100,000円
合計548,000円

例:アイランドキッチンにリフォームしたい事例

システムキッチン価格1,826,000円
キッチンリフォーム工事費389,000円
合計2,215,000円

例:壁付けキッチンから対面キッチンにリフォームしたい事例

システムキッチン含む材料費927,000円
キッチンリフォーム工事費902,000円
合計1,829,000円


マンションのキッチンの換気扇の交換の費用

レンジフード交換のキッチンリフォーム費用

レンジフードは油汚れや経年劣化などにより異音や故障が起こりやすく、レンジフードの交換はキッチンリフォームの中でも比較的身近なリフォームといえます。レンジフードの交換によるキッチンリフォームは、レンジフードを同タイプのものに交換するのか、別タイプへの交換なのかなどによって交換リフォーム費用が変わってきます。

レンジフードのファンの種類と費用

プロペラファン
プロペラファン

簡易な構造で価格が手ごろ。
外の風の影響で風量がダウンする。
価格:約25,000〜65,000円


シロッコファン
シロッコファン

ダクトを通じて換気をする方式。
風量が安定している。
換気量が多くアイランドキッチンにもおすすめ。
価格:約30,000円〜100,000円

こちらの別記事でもキッチンの換気扇(レンジフード)の交換のリフォームする費用と価格の相場をご紹介しています。

事例でレンジフード交換によるキッチンリフォームの費用

例:レンジフードを同タイプのものと交換したい事例
レンジフード価格36,000円
交換工事費用20,000円
合計56,000円
例:プロペラファンからシロッコファンに交換したい事例
シロッコファンレンジフード価格84,000円
前幕板価格7,600円
防音ベンドキャップ価格12,000円
交換工事費56,000円
合計159,600円

収納の費用

参考費用:約30,000円〜500,000円

こちらの別記事でもキッチン・台所の収納リフォームする費用と価格の相場をご紹介しています。



マンションのキッチンの移動の費用

マンションのキッチンの移動は、配管の都合上スケルトンリフォームをしてからではないと移動できません。80㎡の3LDKをスケルトンする場合は、約8,800,000円〜11,200,000円かかり、キッチンの設置に約200,000円〜300,000円かかります。総額が約9,000,000円〜14,200,000円となります。

【参考費用】マンションのキッチンの移動の費用:約9,000,000円〜14,200,000円


格安でおすすめの風呂・トイレ・キッチンを3点同時がお得

風呂やトイレ・キッチンを格安でするにはどうしたらいいのでしょうか?水回りのリフォームをするのに費用がかさむと思い1カ月置きに1点ずつするよりも3・4点ぐらい一気にするとトータル費用が約100,000円〜500,000円程変わってくる場合があります。一緒に風呂・キッチン・トイレをすることで本体価格の仕入れ価格と業者の人工代の施工費用が削減されるからです。

水回りのセットパック価格

3点セットパックの工事費込み:約600,000円〜1,000,000円

こちらの別記事でも水回りのリフォームセットの2点・3点・4点パックの費用と価格の相場をご紹介しています。

メーカーの参考価格って安くなるの?

表示されている参考価格は、メーカーの相場の価格となります。リフォーム会社や工務店はメーカーから卸す為40%〜60%掛けて卸されます。ですので、メーカー価格が1,000,000円の商品であれば、リフォーム会社や工務店を通すと40%の場合「400,000円」、50%の場合「500,000円」、60%の場合「600,000円」となります。

クリナップのキッチンリフォーム費用

クリナップは、水回りの設備機器の製造メーカーで”ステンレス”に特化した商品を開発している会社です。

最大割引率:40%〜50%

こちらの別記事でもクリナップのキッチンのリフォームの費用と価格の相場をご紹介しています。

TOTOのキッチンリフォーム費用

TOTOは、水回りの設備機器の製造メーカーで”水栓金具”に特化した商品を開発している会社です。

最大割引率:50%〜60%

こちらの別記事でもTOTOのキッチンのリフォームの費用と価格の相場をご紹介しています。

タカラスタンダードのキッチンリフォーム費用

タカラスタンダードは、水回りの設備機器の製造メーカーで”ホーロー製”に特化した商品を開発している会社です。

最大割引率:40%〜50%

こちらの別記事でもタカラスタンダードのキッチンのリフォームの費用と価格の相場をご紹介しています。



DIY(自分で)キッチンの費用相場

DIYする女性

今、流行りのDIY(自分)でキッチンの壁に「シート(ダイノック)」「タイルシール」を貼る費用をプロの費用と比較してどのくら安く済むのか検証してみたいと思います。

DIYでシート(ダイノック)をキッチンパネルに張る費用はどのくらい?

キッチンパネルにダイノックシートを貼るのをDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具を揃えないといけません。しかし、実際は道具やダイノックシートを購入した金額とプロのダイノックシートを貼る金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、道具を揃える金額はいくらになるかを見ていきましょう。

DIYでダイノックシートを貼る為の道具の費用

ダイノックシートを貼る為の道具は個別に買うよりもセット一式の物を購入した方が安いです。実際にネットで売っているものがあります。

カッティングシート施工道具

ダイノックシートの施工道4点セット

価格:約1,000円

ダイノックシートのシート材の費用

ホームセンター等で売っている床材の価格をご紹介します。

例)
キッチンパネルサイズ(910×2420)の場合=約8,500円〜9,000円

DIYの総額費用

キッチンパネルサイズ(910×2420)をDIYで貼ると、道具の費用が約1,000円でダイノックシートのシート材が約7,500円〜8,000円の間で購入ができます。

参考費用:施工道具+ダイノックシートのシート材=約8,500円〜9,000円

DIYとプロの費用を比較

参考費用を見ると貼る面積が広くなる程、差額が出てきます。貼る面積が狭い場合、12,500円の差額でした。広い場合ですと18,000円の差額です。

参考費用:
DIYで張替えた場合の費用=約8,500円〜9,000円
プロが張替えた場合の費用=約21,000円〜27,000円

こちらの別記事でもキッチンパネルの交換リフォームする費用と価格の相場をご紹介しています。

DIYでタイルシールを壁に張る費用はどのくらい?

次にキッチンの壁にタイルシールを貼るDIYをご紹介します。費用は予想外の結果となりました。

DIYでタイルシールを貼る為の材料の費用

タイルシールはタイルの裏に粘着シールが貼られている為、材料は特に必要ありません。

タイルシール

タイルシール

価格:約350円(10cm×10cm)

タイルシールの費用

ホームセンター等で売っている床材の価格をご紹介します。

例)
1.5㎡のタイルシールの費用=52,500円

DIYの総額費用

タイルシールDIYで貼ると、タイルシールの材料費用が約52,500円で購入ができます。

参考費用:タイルシールの費用=約52,500円

DIYとプロの費用を比較

参考費用を見るとプロの費用よりも約32,500円も高くなります。高くなる理由としてタイルシールの単価が高い為です。これでは、安く挙げようと思ってDIYをしているのに意味が無いです。ですが、自分のオリジナルのタイルのデザインが仕上がると思えばありかもしれません。

参考費用:
DIYで張替えた場合の費用=約52,500円
プロが張替えた場合の費用=約20,000円

こちらの別記事でもキッチンのタイルの張替えのリフォームする費用と価格の相場をご紹介しています。


『全てがわかる!』
キッチンのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG